ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ整理整頓・収納術 > 整理整頓・収納ルール > 収納スペースを増やす方法

収納スペースを増やす方法

収納スペースを増やす

収納スペースが足りなくて全てのモノを収納できないなら、収納スペースを増やしましょう。ポイントは、床面積だけでなく、体積を利用すること。部屋の高さにも注目することで、新たな収納スペースが生まれることでしょう。

壁を使った収納

壁一面を収納スペースに
造りつけの壁面収納のように、壁一面を収納スペースにできたら、広い収納スペースを確保できます。リフォームをしなくても市販の収納用品を使って作れます。
ここで大事なのは統一感を出して、圧迫感を感じさせない事。小さな収納ボックスを何個も並べるより、大きな収納棚や壁面クローゼット、高さや幅を調節できるラックなどを置いた方が簡単に統一感が出ます。さらに、前面の列を合わせる事も大事なポイント。前面がデコボコしていると、ゴチャゴチャしているように見えてしまいます。扉があるタイプなら閉めてしまえばわからないのでラクですね。
まるで壁の一部のように部屋に溶け込む収納スペースを作れたら見た目もスッキリします。
つっぱり棚
トイレや洗面所・押入れなど、幅の狭い場所にはつっぱり棚が有効です。
ぶら下げ収納
部屋のドアにドアフックをつければ、バッグやコートなどをぶら下げるのに便利です。キッチンやお風呂には吸盤フックをつけて、調理道具やスポンジなどをぶら下げることができます。

高所の収納

棚の上
棚の上の空間も便利な収納スペース。普段あまり使わないモノを、ダンボールなどに入れて収納しておくのに適しています。

低所の収納

収納畳
手軽に和室の雰囲気を楽しめる「収納畳」。畳の下は収納スペースになっているので、収納畳の数だけ収納スペースが広がります。
家電や家具の下
テレビや空気清浄機などの家電を床に置いているなら、その下に収納家具を置いてみてはいかがでしょう。少し位置が高くなるだけで、収納スペースを確保できます。また、ベッドやソファーの下の空間も活用しましょう。床に近い場所は重たいモノを収納するのに適しています。バラバラのモノは、段ボールやトレーを使ってひとまとめにして収納しましょう。

すき間収納

冷蔵庫や洗濯機の横などの小さな隙間も便利な収納場所になります。隙間ラック・冷蔵庫ラック・サイドラックなどを使って小物を収納できます。