ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ整理整頓・収納術 > 整理整頓・収納ルール > 利き手を考えた収納

利き手を考えた収納


利き手の近くに収納してさらに使いやすく

右利き?左利き?

使いやすい収納場所の基本は、使うモノを使う場所に。それをさらにランクアップする方法があります。それは、利き手によって収納位置を変えるということ。細かいことですが、これだけで日々の無駄な動きを減らすことができます。

利き手に近い位置に

まず、普段よく使うモノは自分の利き手の方向に置きましょう。例えば歯ブラシや筆記用具、キッチンの調味料、食器用洗剤など。利き手の反対側にあると、手と体をクロスするか、反対の手で取ったモノを利き手に持ち直さなくてはなりません。それを戻すときも同様です。大したことではないと思うかもしれませんが、毎日のこととなると利き手の反対側のモノに手を伸ばすのが小さなストレスになってしまいます。

「収納場所はあっていると思うのにどうも使いづらい」、「収納場所はあっていると思うのに元に戻すのが面倒」という方は、利き手を考えて収納位置を変えてみてください。利き手側にある方がストレスなく使えて、元に戻すのも楽だと思います。

使うモノを使う場所に収納できたら、使うモノを使う手の方向に置くことを意識して、さらに楽な生活を目指しましょう。