ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ整理整頓・収納術 > 整理整頓・収納ルール > モノの住所を決める

モノの住所を決める

全てのモノに住所を

ホッチキスや爪切り、クリップなどの小さなモノを含む全てのモノの収納場所が決まってますか?収納場所はモノにとっての住所。住所が決まってないモノがあったら、ふさわしい家を決めてあげましょう。

モノの住所を決める理由

住所を決めるとき、何のための収納なのか考えてみてください。使うための収納であり、保存のための収納ではないはずです。保存のための収納になっていませんか?使うためには、探しやすくなければなりません。探す、という作業なしに一目で何がどこにあるのか把握できる収納ができればさらに上級です。

住所の決め方

一目でわかる収納のためには、扉のない棚やラックが便利。あちこちの扉や引き出しを開いて探し物をしているようでは、時間と行動の無駄づかいです。 普段よく使うモノは、奥にしまい込んだりせず、片手でサッと取り出せる場所に置きましょう。また、きちんと収納したつもりでも使いにくい場所にあると、使った後に戻すのが面倒になってしまいます。「使う時」と「戻す時」の行動を思い浮かべて、ラクな場所を決めるといいでしょう。

逆に、普段はほとんど使わないモノがテーブルの上などに出ていないかチェックしましょう。使った後の爪切りや文房具、読もうと思っていたけどなかなか読まない本など、気づいたら1週間以上出しっ放しになっていたりしませんか?すぐに使う予定のないモノは、定位置に戻してあげましょう。

モノの住所を決める時の最大のポイントは、無理に決めようとしない事。「どこがいいかなー」と迷う必要はありません。”どこで使ってるか・どういう時に使っているか”で自然と決まるものなのです。普段それを使う場所に、使いやすく収納してあげましょう。

住所が決まっているのに迷子になっていたら、お家に戻してあげるだけ。使ったあとすぐに戻すのが理想ですが、難しければ一日の終わりにみんなを帰してあげましょう。正しい住所を決められれば、自然と片付けられるようになります。

モノの住所を家族みんなで共有

家族みんなが使うモノは、住所が決まったら家族に報告します。「今日から爪切りはここに置くね。ガムテープのお家はここね。」 などと報告し、情報を共有すること。

収納場所は、自分や家族がそのモノを使う場所の近く。住所が決まっていれば、家族に「爪切りどこにある?」 とか「ガムテープってどこだっけ」 と聞かれることもなく、 各自が自分でできるようになります。食器の場所なども共有しておくと、手伝ってもらうときもスムーズですよね。

自分で使ったモノは自分で片付けるようにしましょう。家族で片付けられない人がいたら、収納場所を変えてあげて様子をみましょう。片付けられない人でも自然と片付けられる場所があるはずです。家族の動きを思い浮かべて、「どこに置いたら使いやすく戻しやすいのか」 考える。→その場所に置いてみる。→家族がきちんと片付けてくれたときは嬉しいものですよ。