ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ キッチン術  > 料理をラクにする小ワザ > 食器洗い機のメリット・デメリット

食器洗い機のメリット・デメリット

メリットメリット デメリットデメリット
水道代節約
循環させるので少ない水で洗えます。年間数万円分の節水になります。
電気代がかかる
高温になるので電気代がかかりますが、乾燥を使わずに余熱乾燥にすれば節約できます。
洗いにくい物もキレイに
ザルや泡だて器、おろし金、ミキサーの刃など、手で洗うのが難しい調理道具もキレイに洗えます。
ひどい汚れは予備洗いが必要
大きな食べ残し、こびりついた汚れは予備洗いが必要ですが、使った食器を水につけておけば大丈夫。
油汚れもキレイに
高温で洗浄するので、油汚れもキレイに落ちます。
時間がかかる
手洗いではサッと洗える少量のものも、時間がかかります。
衛生的
高温で洗浄するので、手洗いよりも衛生的。
音が気になる
製品にもよりますが、音が大きいものもあります。
手荒れ防止
洗剤負けすることもありません。
専用の洗剤が必要
食器洗い機用の洗剤が必要です。
片手で片付けられる
片手で運んで、片手でセット、片手でスイッチを入れられます。例えば歯を磨きながらでもOK!
場所をとる
手間を考えると大きめの方がいいのですが、場所をとるので、設置場所を準備する必要があります。
精神的な負担の軽減
「洗わなければ」 というストレスから解放され、ゆとりが生まれます。
洗えないものもある
漆器など高温に弱いもの、プラスティック製品、まな板などの大きな調理道具が洗えない場合もあります。
時間の節約
食器洗いに費やしていた時間を自分のために使えます。
食器をセットしなくてはならない
食器洗い機に食器を並べるまでは自分でやらないとなりません。上手く並べないときちんと仕上がりません。
家族との共有の時間を持てる
食後の時間をゆったりと過ごせるので、家族との時間が増えます。
食卓が豊かになる
気軽にお皿をたくさん使えます。時間も節約された分、おかずの品数を増やせます。

<まとめ>
食器洗い機を使った時のコストを考えると、水道代節約になる分、電気代がかかります。ただしこれは、まとめ洗いをしたり余熱乾燥したりと、賢い使い方をすることで結局コスト面では節約できます。

さらにそれ以上のメリットは、精神的な負担が減るという事。「洗わなければ」 という心理的ストレスが解消するのです。その結果、食卓が豊かになったり、イライラが少なくなるなら、とても良い事でしょう。

また、時間の節約も大きいでしょう。単に手洗いで食器洗いしている時間が節約できるというだけではありません。時間にすると、大体15分~30分程度で大した事ない、と思うかもしれません。ですが、『食後の時間』 というのが大きいのです。食後はゆっくりしたいですよね。家族がリラックスしている中で自分だけ働いているというのが、食器洗いを苦痛に感じる理由のひとつです。食器洗い機によって『食後の時間』 を自分の時間に、家族の時間にあてられるのです。

このように食器洗い機を使うメリットは十分にあります。ですが、その機械を使いこなすのは結局あなた自身。予備洗いが面倒、食器をセットするのも面倒、洗った食器を片付けるのも面倒、という場合は食器洗い機は向いていないかもしれません。食器洗い機だけでなく洗濯機や電子レンジも同様、どんなに便利な機械でもそれを使うのは人間。便利になるか不要なものとなるかは、使う人によって違います。

自分にとってデメリットよりメリットの部分が大きい、と思えたら設置するといいでしょう。