ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ キッチン術  > 食品の保存方法 > 食材を長持ちさせる保存方法

食材を長持ちさせる保存方法

上手に保存できたら食材の無駄も、買物の回数も減ります。ズボラーだからこそ実践したい保存術。よく使う食材だけでも保存方法をしっかり覚えておくといいでしょう。保存方法を学べば買物の仕方も変わります。カットキャベツより、丸ごとキャベツを買いたくなりますよ。

▼ 保存のポイント
育ったときの環境に近い状態で保存する。
野菜は収穫後も生きています。縦に育った野菜は縦に伸びようとするので、立てて保存します。横にしてしまうと、縦に伸びようとする余計なエネルギーを使ってしまい、老化が進み傷みやすくなります。また、土の中で育った根菜類は、やはり土がついたままの方が長持ちします。光が当たらないようにするのもポイント。
スーパーの陳列をお手本に。
冷蔵庫に入れた方がいいのか入れない方がいいのか迷ったら、スーパーで売られている状態を思い出してください。冷気の当たる陳列棚に並べられている野菜は冷蔵庫に。常温で売られている野菜は常温で保存するようにするといいでしょう。
▼ 食材別 保存方法
青菜(ほうれん草・小松菜など)
野菜室で立てて保存。立てるのが難しい場合は、牛乳パックやペットボトルをカットしたものに立てて。
キャベツは芯をくりぬいておく。
キャベツは芯から傷むので、丸ごとキャベツを買った時は芯の部分に包丁を入れてくりぬきます。湿らせたキッチンペーパーを芯の部分に詰めて。芯をそのままにしておくより、だんぜん長持ち。ロールキャベツなど葉を大きく使う時にも便利です。面倒に思うかもしれませんが、買物の回数も減るし、節約にもなり結局ラクになります。
レタスも芯をくりぬいて。
芯から傷むので、芯をくりぬいておきます。金属で変色してしまうので、手でくりぬいてください。湿らせたキッチンペーパーで全体を包んで袋に入れると新鮮さが保たれます。少しずつ使うときも手で千切った方が○。包丁を使わない方がいいなんて、ズボラーには嬉しい食材ですね。
トマト
ポリエチレン袋に入れて野菜室で保存。へたを下にする。物が当たると傷むので、他の野菜と触れないように。冷やしすぎると傷むので、野菜室か、冷蔵庫の下の方に入れる。
きゅうりは水分が苦手。
水気をふき取って1本ずつラップで包む。ポリエチレン袋に入れて野菜室で立てて保存。
青じそは乾燥させない。
濡らしたキッチンペーパーで包んでからラップでくるみ冷蔵庫へ。
ねぎ
土のついたネギは冷暗所で立てて保存。切った後はラップで包んで冷蔵庫へ。
じゃがいも
風通しのよい冷暗所で保存。りんごを一緒にいれておくと芽が出にくい。
玉ねぎ
風通しのよい冷暗所で保存。ネットに入れて吊るす方法も。春の新玉ねぎは野菜室で保存。
ごぼう
土つきの方が長持ちします。冷暗所で立てて保存。
大根
葉は切り落として、新聞紙で包んで野菜室で立てて保存。
にんじん
1本ずつラップで包んで野菜室で立てて保存。

関連記事