ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ キッチン術  > 食品の保存方法 > 買ってきたらすぐに保存~フリージング術

買ってきたらすぐに保存~フリージング術

冷凍保存はなんといっても長持ちが魅力。上手に活用して食材の無駄も買物の回数も減らしましょう。

▼ 覚えておいて損はない! フリージングの基本
新鮮な状態で
おいしく食べるには新鮮な食材を新鮮なうちに冷凍。
ぴっちり包んで
空気に触れると傷みやすくなります。また、ニオイ移りを防ぐためにも密閉できる容器や保存袋を使いましょう。ラップの場合はしっかり包んで。
薄くのばして
急速に冷凍するためにも、解凍をラクにするためにも、食品はなるべく薄く、細かく分けて。
よく冷ましてから
加熱した食材は冷ましてから冷凍。熱いままだと冷凍庫の温度が上がって他の食材に悪影響を及ぼします。
急速冷凍
金属パッドに乗せたり、アルミホイルで包むと冷気が早く伝わって急速に冷凍できます。
1ヶ月以内に使う
いくら冷凍といっても家庭の冷凍庫では1ヶ月ぐらいが限界です。なるべく早く食べた方が美味しくいただけます。忘れてしまいそうなものは保存袋にペンで日付を書いておきましょう。ひき肉なども「豚」・「合びき」などと書いておくと間違うこともありません。
再冷凍はNG×
一度解凍した食品をまた凍らせると、品質が落ちるだけでなく細菌が増える心配もあります。
▼ 食材別 フリージング方法
ねぎ・細ねぎ
みじん切りにしてラップや保存袋、保存容器などに入れて冷凍。水分があると冷凍したときくっつくので、キッチンペーパーなどで水分をしっかりとってから冷凍しましょう。使うときは解凍せずにそのままお味噌汁やチャーハンの具に。
生姜・にんにく
すりおろしてラップに包んで冷凍。薄く伸ばして冷凍しておくと、使いたい分だけ折って使えます。生姜は薄切りや千切りにして冷凍しても。
にんじん
にんじん1本は、スライサーを使って細めに千切りに。水大さじ1をかけてラップをかけてレンジで2分。ラップに包んで冷凍庫へ。炊き込みご飯や、チャーハン、焼きそば、サラダなどに使えます。野菜不足解消のためにも大活躍なのでまとめて3本ぐらい保存しておくと便利です。
大根
大根おろしにして冷凍。ラップでぴっちり薄く包んで。
青菜(ほうれん草・小松菜など)
青菜は固めにゆでてから使いやすい長さに切って冷凍します。おひたしや和え物、卵とじ、お味噌汁などに使えます。
きのこ
しめじやシイタケは買ってきたらすぐに冷凍。干したときと同じようにうまみも増します。そのままシチューやスープ、炒め物の具に使えます。
油揚げ
熱湯をかけて油抜きしたら、短冊に切って冷凍。小分けしておくと便利。お味噌汁やおひたし等に使えます。
お肉
パックのままだとお肉とラップの間に空気があるので、できればラップに包みなおして冷凍。100gずつ保存すると使うときもラクです。

水分をふきとってからラップで包んで冷凍。厚みのないものなら解凍せずに焼けます。
ペットボトルのドリンク
やったことのある方が多いと思いますが、スポーツドリンクやお茶などをペットボトルのまま冷凍。暑い日の外出・スポーツにオススメ。ひんやり冷たいまま飲めます。水筒もいいけど、洗い物がなくてラク!
果物
皮をむき一口サイズにカットして冷凍保存。シャーベットとしてそのまま食べても、スムージーなどドリンクにしても◎。

関連記事